「論理的思考を身につけるための必須スキル!発表授業やディベートで使える『論理的な話し方』の3つのパターン」

「論理的な話し方は、知的な印象を与える上で重要ですね。特に発表授業やディベートでは、自分の意見を正確かつ論理的に伝えることが求められます。この記事で紹介されている3つのパターンは、自分の主張を裏付けるための方法として役立ちそうです。実際に使ってみたいと思います。」

「それってあなたの感想ですよね?」「はい、論破!」
 近年、テレビインフルエンサーの言葉をマネして相手を言い負かそうとする小学生子どもたちが増え、先生や親が手を焼いている――。そんなネット投稿が話題となり、新聞記事やテレビニュースでも取り上げられました。
 しかし、相手を言い負かしたり論破したりして、自分が優位に立とうとするコミュニケーションの姿勢は、実際は相手に嫌な印象を与えるだけで、関係性を悪化させたり人が離れていってしまうリスクもあるといいます。
 子どもが本当に身につけるべき論理的な説明のスキル、相手を説得できる話し方のノウハウとは、どのようなものなのでしょうか?

マンガ 頭のいい子が使う 伝わる!説明力(犬塚壮志 著)

◆自分が優位に立つことがコミュニケーションではない
 累計5万部突破のベストセラー『頭のいい説明は型で決まる』などの著者で知られる犬塚壮志さんは、「コミュニケーションの本質とは、相手と良好な関係性を築き、その関係性を維持・発展させること」だと語ります。
「そのためには、相手を言い負かしたり、論破したりせずともコミュニケーションがとれる伝え方のスキルが必要。
 また、相手から意見を引き出すことにも、相手に反論することにも作法やマナーというものがあります。常に自分が優位に立とうとする伝え方や姿勢は、話し手自身の価値を下げてしまうことになりかねません」
 そこで犬塚さんが編み出したのが、駿台予備学校講師としての経験や、東京大学大学院で学んだ認知科学の知見を駆使した“説明の型”。
 パターンに当てはめて使うだけで、相手に伝わる説明や話し方ができるようになる実践的なノウハウです。
マンガ 頭のいい子が使う 伝わる!説明力』では、社会人がプレゼンや会議の場でも使っているこれらの“説明の型”を、小学生子どもにも伝わるシチュエーションに置き換え、わかりやすくマンガで解説しています。
 ここでは、本書で紹介されている“型”から、子どもが発表授業やディベートですぐに使える3つを紹介しましょう。
◆話の全体像だけを伝える「要約の型」
 伝えたいことの全部を長々と話し続けてしまうような子には、この“型”がおすすめ。
「本当は○○分かかる話を、要点だけをまとめて●●分で話すね」と宣言し、伝えたいことをダイジェストで話す方法です。
 これにより、相手に「○○分なら聞いてみようかな」と思わせて、話の全体像だけを届けることができます。



◆自分に関係のある話だと思わせる「ターゲット明示の型」
 発表授業や全校集会といった大勢の前で、自分の話に関心を持ってもらいたいときに使う“型”です。
ポイントA・B・Cの3つありますが、すべてを知っておく必要はありません。○○な人にはAを、●●人にはBを、△△な人にはCを聞いてもらいたいです」というふうに使います。
 相手のタイプを分類し、それぞれの人に当てはまる部分だけをしっかりと聞いてもらう方法です。



◆先生や親を説得できる「オファーの型」
 先生にお願い事をしたり、親を説得したいときには、この“型”が有効です。
 単にお願い事をアピールするのではなく、「今は○○なのですが、△△したいと思っています」と、「現状の問題点」と「目指すゴール」をていねいに説明することで、相手は受け入れやすくなります。



マンガ 頭のいい子が使う 伝わる!説明力』は、小学生子どもだけでなく、伝え方や説明に苦手意識を持つ中学生以上の学生や社会人にも、また、子どもとうまくコミュニケーションが取れない先生や親御さんにも役に立つ一冊。
 真の対話やコミュニケーションのためには、適切なロジックを身につけるのが大切だということがわかるはずです。
犬塚壮志さん
ワークショップ講師、JUKEN7特別講師、作家。駿台予備学校の化学科講師として延べ1万人以上の生徒を指導し、東大500名以上、医学部2,000人以上の合格者を輩出。東京大学大学院学際情報学府修了後、現在は大手予備校の最前線で活躍するトップ講師のみを集めた大学受験専門塾「ワークショップ」にて「情報I」の授業を開講。また、駿台予備学校出身の売れっ子講師のみで立ち上げたオンライン予備校JUKEN7」にも特別講師として出演中。最新刊は『マンガ 頭のいい子が使う 伝わる!説明力
<文・構成/女子SPA!編集部>
【女子SPA!編集部】大人女性のホンネに向き合う!をモットーに日々奮闘しています。メンバーコチラtwitter:@joshispaInstagram:@joshispa



(出典 news.nicovideo.jp)

CMRY

CMRY

遅い遅い。上の例では「運動不足で」で十分だ。話している相手がおそらく運動不足であるという前提で、注意を促すために話しているわけだからな。子供以下のコラムだな

ニコニコkpx

ニコニコkpx

細かい御託はどうでもよくて、極論、誤解なく伝わればそれでいいんだよ。二つ以上に意味が取れる話し方をする奴は詐欺師か政治屋か馬鹿のどれかなので、絶対に耳を貸すな。一つにしか意味が取れない話し方をする奴は、かなり気の利く奴なのは間違いないし、信用に足る奴。頭が良いことも少なくない。

ユリノキ

ユリノキ

数年前にマスコミが「ロジカルハラスメント」への非難を流行らせようとしていた。でもそれはIQ100並みの平均的な論理的思考も出来ていない馬鹿の言い訳だった。それが証拠に、基礎知識としてゲーデルの不完全性定理も説明していなかったからだ。

名無しさん

名無しさん

これは説明してるだけだからこのシチュエーションでは論破なんて話にはならないじゃん。自分と反対意見の人と対峙した時の例で説明しないと

グスト

グスト

長い、三行でおけ

BCTA

BCTA

賢くつくろったところで、あなたは賢くはならない

9-128

9-128

まず結論から話せ、だと思うがね。慣れてない人が一生懸命話すと「時系列に沿って、情感たっぷりに、その時々の感想を添えてクドクドと」なり、聞き手が途中で焦れて「つまりどういうことだってばよ」と要約を求めることになりがちじゃね?結論とそれに伴う要請の有無をはっきりさせた上で途中の愉快なエピソードを添えてやれば、まあまあ愉快な言葉のキャッチボールにできそう。

たこわさ

たこわさ

ビジネスでもよくあるけどまず結論(結果)、理由、対応(対策)の順番でコンパクトに話せる人がマジで賢い人。

はつみ

はつみ

本当に自分が賢いと思うなら3歳児に理解出来るように話せ、ディベートだのオファーだのダイジェストだのと言ってる時点で「ほら、私賢いでしょ?」ってひけらかしてるだけの1人漫才だ。

ゲスト

ゲスト

論理を英語にすればロジックというが。ロジックの現し方はまず建設的。設問や設定を建てる方式がある。次いで提起的。会話など物事の起こりを提げる方式だ。最後が合理的。理(ことわり)に合う形で会話を導く方式だ

ゲスト

ゲスト

結論を欲しがる人間とは合理的な人間だよ。過程,英語にすればプロセスというがそれを要さずに理に叶うことだけ述べれば良い。記事ならはABCあるが全て覚えずとも良い。○はAを,×はBを,△はCを覚えなさい。○にBを何故覚えずとも良いかを説くよりも,Aを覚える必要性のみを伝える方式だ

ゲスト

ゲスト

これを提起的に変えるとなると,ABCある内から自分が覚えやすいものを覚えなさい。その際○でもBを選択する人間もいるもので,Bを選択した時に○に起こることを提げ続ければならぬもの

エビ

エビ

まずこの漫画が読む気がしないんだが

ゲスト

ゲスト

論理の意訳とは簡単に述べると「1つ1つの物事を積み上げた際に解かれる答え」になります。○・×・△がA・B・Cを覚えた際の答え,その答えから導かれる○・×・△がA・B・Cの内どれを覚えるべきかの根拠。その一連の過程プロセスを説くのが論理の中でも最高難易度を語る建設的になります

ゲスト

ゲスト

たとえば勉強には「誉められる」と「叱られる」の答えが成り立ちますが(問題提起),何故誉められた・叱られたの理解を解く際(合理的解釈)には,教師や親即ち「社会人」と「子供」の双方の建前を説かなければなりません

ゲスト

ゲスト

同じ内容は何故正解したか,何故間違えたかの解にも繋がりますが,子供は勉強をするもの=勉強をせねば叱られる,勉強をすれば誉められる。これだけでは合理的に留まるもので,社会人に対して子供が自らの考えを提げ,行動を起こすことには繋がりません。

ゲスト

ゲスト

論理や理論というものを好んで扱いますが,会話力というのは相手を従わせるものではない。あくまで自分の理解や知識を従えた上で,説明や提起をするものになる。

ゲスト

ゲスト

相手の言い分を聞くや,意見を引き出すとのごもっともな意見を掲げるが,所詮は会話に他人を従えるとすれば長ったらしく説明する必要はありません。記事とは何か。子供を従えた教育。どのような。論理的な会話を従えた子供を。従えるの上に1つ1つの物事が全て成り立つもので。その答えは最終的に読者を従えるとなるものだ

ゲスト

ゲスト

会話の上で最も建設的なのは,事実を従える会話になります。解かれる答えは「明白である」となりますが。記事が読者や子供を従えたのは明白であるとな。

ゲスト

ゲスト

子供の誤りや過ちを解く上でも,子供にとってそれが何故誤りや過ちとなるのかを明白にすることが出来れば,子供は自然と建設的に物事に対する認識を築くことが出来るもの。