「ナイツ塙さんの“勝手に採点”結果発表!キングオブコントの頂点に輝くのは一体誰だ?」

「ナイツ塙さんの採点結果、気になりますね!彼らが漫才のプロ中のプロということで、優勝の予感がします。どんなポイントで採点したのか、興味津々です!」

 お笑いコンビナイツのボケで、漫才協会会長を務める塙さんが、YouTubeチャンネルを更新。先日行われた「キングオブコント2023」各組のネタを、“勝手に採点”する動画を公開しました。塙さん視点での優勝者は果たして……? 【優勝したサルゴリラ、喜びのコメント】  10月24日生放送された「キングオブコント2023」決勝には、蛙亭、カゲヤマ、サルゴリラジグザグジギー、ゼンモンキーニッポンの社長、ファイヤーサンダー、や団、ラブレターズ、隣人の10組が出場。上位3組のサルゴリラ、カゲヤマ、ニッポンの社長がファイナルステージに進出し、歴代最高得点となる総合964点でサルゴリラが優勝しました。  賞レースの“勝手に採点”シリーズは、YouTubeチャンネルナイツ塙会長の自由時間」では以前から行われている企画。塙さんは「(自分には)コントなんか作れない」「審査ができる立場ではない」としつつも、「キングオブコント2023」各組のコントを1つ1つ採点しました。  1stステージの上位については、97点のサルゴリラ、96点の隣人、95点のカゲヤマ、ファイヤーサンダーと1点刻みの接戦だったと評価(番組では、ニッポンの社長が上位3組に入る)。その一方で、下位の組も90点台に評価し、ゼンモンキージグザグジギー、や団などは「東京のこの子たちで全国ツアーやればいいのよ。コントだけで飯が食えるから」と実力の高さを認めています。  ファイナルステージのネタでは、サルゴリラの表情が印象的なツッコミの入れ方について「勉強になりましたね。ああいう感じのツッコミの入れ方ってあるんだなって、芸人みんな思ったんじゃないかな」とコメント。また、どのコンビよりも本人たちの呼吸や間合いが合っていたとして「キングオブコント2023」内での評価同様に、サルゴリラが優勝と判定しました。  塙さんは、漫才師として数々の賞レースで結果を残してきた立場ながら、「キングオブコント2023」出場者らに「お笑いとして非常に勉強になりました」「10組の皆さん、これからも頑張ってください」と応援のメッセージを送り、動画を締めくくっています。
漫才協会会長で、M-1審査員経験もあるナイツ塙さん


(出典 news.nicovideo.jp)

おかゆ丼

おかゆ丼

今のお笑い芸人って”笑わせる”のではなく、”笑われている”だけだからなあ。そんな奴の批評に何の価値があるんだろうね。

Decathexis

Decathexis

創価学会員の言う事なんざなんのアテにもならんよ。 大体創価学会員に対して忖度してるんだろ。