約10秒で組み立て可能な・環境負荷の低い「紙製パーソナルブース」の販売を開始 | ニコニコニュース


大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)は、オフィスイベント会場などの限られたスペースでも有効に活用できる、軽くて頑丈な「DNP折りたたみ式紙製パーソナルブース*1」(特許出願中)を開発し、2月14日に販売を開始します。
この製品は、金属やプラスチックを使用せずに、紙だけで構成する軽量な簡易型ブースで、10秒ほどで組み立てることができます。使用後は折りたたんでコンパクトに収納することが可能で、繰り返し使用できます。また、独自の「DNP 2.5D表現技術 リアルサーフェス(R)*2」(特許出願中)を使い、木目調などのパターンを印刷して立体感のあるリアルデザイン表現を行い、落ち着いた空間を演出するなど、さまざまな空間に合わせたカスタマイズを行うことができます。


【「DNP折りたたみ式紙製パーソナルブース」開発の背景】
働き方改革やコロナ禍などをきっかけに、オフィスフリーアドレス化やオンライン会議などが浸透することで、“自分だけのスペース”が必要となる場面が増えています。企業等でも、テレワークが普及する中で、オフィスの省スペース化と、多くの社員が出社した際の座席不足解消を両立させることが課題となっていました。こうした課題に対してDNPは今回、必要な時に取り出して容易に設置でき、使用後コンパクトに収納できる「DNP折りたたみ式紙製パーソナルブース」を開発しました。

【「DNP折りたたみ式紙製パーソナルブース」の主な特長】
  • 工具や留め具を使わずに、軽量な紙製ボードを簡単に組み立てることができます。使用後は、折りたたんでコンパクトに収納できます。
  • ハニカム構造(蜂の巣のような正六角形の構造)の頑丈な強化紙製ボードを使用しています。
  • 見た目の質感をリアルに表現するDNP独自の「DNP 2.5D表現技術 リアルサーフェス」を活かして、木目調などのデザインを表現することで、落ち着いた空間を演出します。
  • 紙製のブースのため、廃棄の際に古紙リサイクルを行うことができます。(※各自治体ルールに従って適切に処分してください)
  • 利用者にとってのプライベート空間をつくり出すことで、仕事・作業への集中力を高め、秘匿性が求められる業務なども行うことができます。

設置例
デザイン例 <製品仕様>

【今後の展開】
DNPは、企業・団体等のオフィスイベント施設、自治体や学校などに向けて本製品を販売し、2025年度までに累計3億円の売上を目指します。


*1 「DNP折りたたみ式紙製パーソナルブース」の製品詳細や価格情報はこちらをご覧ください : https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/20168883_1567.html
*2 「DNP 2.5D表現技術 リアルサーフェス(R)」は、素材のもつ質感を見た目だけで立体的に表現するDNP独自の撮影・画像処理の技術です。



※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。 配信元企業:大日本印刷株式会社企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ


(出典 news.nicovideo.jp)

牛カルビ 牛カルビ

50個買っても1個あたり4万は草