令和のおじさんは「意識が若い」?背景にはSNSの“ツッコミ文化” | ニコニコニュース


時代は令和へと移り、おじさんは社会的な権力が年々低下しているにもかかわらず、強者として批判され、下等な生き物とバカにされる。それでも必死に生きる彼らをよく観察してみると、さまざまな生態が見えてくる。

◆平成から令和へ。時代とともにおじさんはどう変わったのか?

昭和、平成、そして令和におじさんはどう変化したのか。長年おじさんの生態を観察してきた社会学者の鈴木涼美氏は、「全年代的におじさん意識の芽生えが遅くなっている」と続ける。

「平成では、いわゆる男社会で評価される“オス”らしいテンプレートおじさんが多かった印象があります。しかし、令和は中年と言われる40~50代も多様化し、時代についていこうとする意識が若い人が増えました」

SNSツッコミ目線をインストール

産業医の大室正志氏は、このおじさんの進化を「SNSの普及が大きく影響している」と続ける。

SNSに代表されるツッコミ目線を自身もインストールしている点が、令和のおじさんの大きな進化です。たとえば、飛行機に乗った写真をアップするエアポート投稿も、『エアポート投稿(笑)』などと(笑)をつける人が増えた。受け手のツッコミを予見して動くことが、令和の基本所作となりつつありますね」

しかし、時代に合わせようとする努力が斜め上に向かってしまうことも……。

【社会学者・鈴木涼美氏】
日経新聞記者時代に発表した「『AV女優』の社会学」(青土社)で注目を浴びる。近著に『8㎝ヒールニュースショー』(扶桑社

【産業医・大室正志氏】
大室産業医事務所代表。社会医学系専門医・指導医。著書に『産業医が見る過労自殺企業の内側』(集英社新書)などがある

取材・文/週刊SPA!編集部
※1/10発売の週刊SPA!特集「おじさん2.0図鑑」より


―[おじさん2.0図鑑]―

写真はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

RT RT

うっすいな記事内容。まあ、かつては顔合わせる社内や家族友人相手のコミュニケーションがほぼ全てで、内外共に年功序列で気を使ってもらうのが当たり前だったのに比べれば、常にフラットな目線で見てくる相手を意識して上も下もない1社会人としての立ち回りが求められるようになったのはそのとおりだとは思うしいい事だとも思うけど

風見ケイ 風見ケイ

見出しと書き出しで既にヘイト満載で頭がくらくらします。誰が書いたのかと思ったら、「8cmヒールで踏みつけたい」とかいうタイトルで頭の悪い記事連発してた元AVおばさんじゃないですか。納得。

民の命を最優先に考える金正恩 民の命を最優先に考える金正恩

絵に描いたような男性蔑視記事。こんなのがいるからいつまでたっても男女平等が実現しないんだよなぁ。